自己啓発セミナー対策ガイド
 ▲トップ - 更新履歴 - 引用・リンク時の注意 - 掲示板利用上の注意 - 運営者宛メール
はじめに 自己啓発セミナーとは 体験記・インタビュー 現場一遍 イベント・カレンダー
業界ニュース セミナー団体カルテ リンク集 掲示板 資料集 エッセイ・評論

■URLが変わりました。トップページの新URLは http://www.geocities.jp/seminar_spirit/ です■

Google WWW を検索 www.geocities.co.jp を検索
▼掲示板
●
カルテについて
日本創造教育研究所
メディオス
一創社(春日言語塾)
ARCインターナショナル
ETLジャパン
ランドマーク
エデュケーション
ウィキャン
サイセミナーズ・アジア
オールウェイズ
CTC
(未来クリエイション)

日本創造教育研究所(日創研、エンライトニングセミナー)

団体概要

 現在は国内最大規模の自己啓発セミナー。企業研修を標榜し、多くのスキルワークの研修コースを設け、メインとなるSA、SC、PSS研修内での用語やメッセージも、企業研修らしいものになっている。
 しかし、SA〜PSSで行われる、個々の実習やコース構成は、ARCインターナショナル(ライフ・ダイナミックス)と酷似。代表の田舞徳太郎自身、1983年ごろにライフ・ダイナミックスを受講している。
 経営者対象の「オーナー会員制度」は、他の自己啓発セミナーには見られない、日創研特有のシステム。経営者が100万円強の“入会金”を支払い、自社の社員を日創研の研修に送り込む。一定人数までは、オーナー会員の“特典”として無料で受講させることができる。日創研側は、SCコースの途中で、受講中の経営者だけを集めオーナー会員への入会を奨める。
 オーナー会員制度により、中小企業から“派遣”されてくる会社員は受講料金を自己負担しなくて済む。しかし、勤め先からの業命令として受講を指示されるため、意思に反して受講せざるを得ない例も出てくる。また、事実上、経営者に対して社員の受講料を前払いさせる制度であるにも関わらず、会員規約上は、無料受講枠を残して退会しても一切返金しないとされている。しかし、日創研側では「返金を請求した会員にのみ返金している」としており、実際に返金されている例はある。
 代表の田舞徳太郎は、1985年に日本青年会議所副会頭、川西青年会議所研修担当室長を歴任。関西の寿司・和食チェーン創業者でもある(現在は弟が代表)。
 日創研は全国5箇所の支部のほかに、「経営研究会」という卒業生サークルをほぼ全都道府県に展開している。
(2004/04/01)

団体データ

法人名 株式会社日本創造教育研究所
コース概要 旧総称:エンライトニング・セミナー
第1段階:SAコース(3日間通い + 個人面談、75,000円)
第2段階:SCコース(3日間合宿、115,000円)
第3段階:LTコース(60日間のうち計6日間通い、70,000円)
設立 1988年
本部 大阪府吹田市
支部 札幌市、東京都江東区(会社法人)、名古屋市、広島市、福岡市
※ 東京は大阪社とは別の法人として存在。他は研修センター
資本金 東京社・大阪社合計1億4,290万円
セミナー開催頻度 3回以上/月(第1段階、東京、2003年現在)
1回のセミナーの受講者数 100〜200人(第1段階、東京、2003年現在)
関連団体 顧客満足推進フォーラム(2004年スタート)
全日本マネジメントコーチング協会(2004年スタート)
・国際環境保護NGO「緑のサヘル
日創研 帯広経営研究会
日創研 札幌経営研究会
日創研 青森経営研究会
日創研 石川経営研究会
日創研 富山経営研究会
日創研 福井経営研究会
日創研 名古屋経営研究会
日創研 三河経営研究会
日創研 大阪経営研究会
日創研 広島経営研究会
日創研 岡山経営研究会
日創研 福岡経営研究会

略年表

1988年本社設立
2001年SC受講中の受講生が死亡。少し前から、受講生半減(東京のSAが200人規模 → 100人前後)
2003年11月、受講生に勧誘活動をさせるLTコースをPSSコースと改称
 なにか情報をお持ちの方がいましたら、ぜひご一報ください。

当サイト掲示板への相談・問合せの件数と内容

1999年 「友人・家族が受講している」 2件
「受講を強制された」 1件
2000年 なし
2001年 「受講を強制された」 1件
2002年 「自分が勧誘を受けた」 1件
「団体照会」 1件
「受講者の悩み・体調不良など」 1件
「その他」 1件
2003年 「友人・家族が受講している」 4件
「受講を強制された」 1件
2004年 「友人・家族が受講している」 3件
「自分が勧誘を受けた」 1件
「団体照会」 1件
「受講を強制された」 1件
 「友人・家族が受講している」:実害はないが、団体の情報がほしいというものも含む。
 「自分が勧誘を受けた」:実害はないが、団体の情報がほしいというものも含む。
 「団体照会」:ニュートラルな団体照会、あるいは団体照会の理由が不明なもの。
 「受講を強制された」:職場の上司や取引先などから、立場を利用した勧誘を受けた。
 「契約トラブル」:クーリングオフしたい、お金を返してもらいたいという相談。
 「受講者の悩み・体調不良など」:受講中だが次のコースを受けるかどうか悩んでいるというケースも含む。
 「その他」:上記に分類できないもの
 ※ 最終的には複数の趣旨の相談内容だったケースもあるが、1人からの相談を1件としてカウントし、初回相談時の内容で分類。当サイト宛のメールでの相談などは含んでいません。

関連記事

 セミナー団体カルテ / 日本創造教育研究所
 業界ニュース / 日創研関連HPにエロ画像 [2003/05/31]
 業界ニュース / 日創研の詳細な体験記を公開 [2003/10/25]
 業界ニュース / 日創研経営研究会の沖縄進出本格化 [2004/04/15]
 業界ニュース / 日創研の新業態 [2004/07/07]
 体験記・インタビュー / 日創研 研修体験記

掲示板ログを検索

 掲示板ログから、日本創造教育研究所に関連する語が登場するものを検索します。フリーワード検索もできます。
 表示方法   検索対象  

 検索する掲示板
全掲示板
フリートーク掲示板(2004年以降のみ)
相談・情報掲示板(2002年以降のみ)
メディオス情報掲示板(2004年以降のみ)
ベストグループ問題掲示板(2005年以降のみ)
旧掲示板(2004年まで)

    [Listgen 3.0(CGI)] / ©1999-2000 YugenKoubou

参考リンク

 maomao14 / 「六助さんの自己啓発」に体験記
 ただいま実験中!! / 「投稿実験レポートNo.001 もしも自己啓発セミナーに行ったら」に体験記

 株式会社日本創造教育研究所
 ・顧客満足推進フォーラム
 ・全日本マネジメントコーチング協会
 ・国際環境保護NGO「緑のサヘル
 ・日創研 帯広経営研究会
 ・日創研 札幌経営研究会
 ・日創研 青森経営研究会
 ・日創研 石川経営研究会
 ・日創研 富山経営研究会
 ・日創研 福井経営研究会
 ・日創研 名古屋経営研究会
 ・日創研 三河経営研究会
 ・日創研 大阪経営研究会
 ・日創研 広島経営研究会
 ・日創研 岡山経営研究会
 ・日創研 福岡経営研究会