自己啓発セミナー対策ガイド
 ▲トップ - 更新履歴 - 引用・リンク時の注意 - 掲示板利用上の注意 - 運営者宛メール
はじめに 自己啓発セミナーとは 体験記・インタビュー 現場一遍 イベント・カレンダー
業界ニュース セミナー団体カルテ リンク集 掲示板 資料集 エッセイ・評論

■URLが変わりました。トップページの新URLは http://www.geocities.jp/seminar_spirit/ です■

Google WWW を検索 www.geocities.co.jp を検索
▼体験記・インタビュー
■体験記・
 インタビューについて
■私のセミナー体験
▼I社体験者インタビュー
インタビューについて
インタビュー
補足・解説
■日創研 研修体験記
■エサレン研究所探訪記
■ロバート・ホワイト氏書簡
■ランドマーク
 BTコース体験記
■BeYou アシスタント体験記

I社体験者インタビュー 2002/05/12
〜 これまで培った信頼を、このコースで一瞬になくすことができます 〜

インタビューについて 藤倉善郎

 I社は、Cセミナー(現「K塾」)を主宰する株式会社だ。このほど、同セミナーの体験者であるクリエーターさんから、詳しい情報が寄せられた。
 I社のセミナーは、当サイトの「セミナーの定義とイメージ」で解説しているタイプの、典型的な自己啓発セミナーである。I社とは別だが、この手のセミナーの受講体験記は既に「私のセミナー体験」として掲載している。今回は、セミナー受講体験の叙述ではなく、セミナーの問題性に触れる部分に焦点をあてた。
 クリエーターさんは、I社に関わった半年の間に、エンロール(勧誘実習)のコースはもちろんシスタントも経験した。勧誘実習に入る前の第1段階のセミナーは非常に感動的だったと語る。ところが、勧誘活動に入ると、金銭的・身体的に辛い日々を送り、友人関係なども傷つけてしまったという。他の受講生の中の、さらに深刻な例も見聞きした。
 今回のインタビューは、クリエーターさんと当サイト運営者との間で交わしたメールを編集したものである。クリエーターさんは情報提供の理由をこう語る。
「高いお金を出して、善良な若い人達がこの手のセミナーを受講することで、多くのものを失ってほしくないからです。このようなセミナーは受けなくても充分生きて行くことができます。このセミナーを受けないと輝かしい未来が手に入らない、とかそういった文句に惑わされて欲しくないのです」
 トラブルの予防努力がみられない点。トラブルの際の不誠実な対応。セラピー集団としての倫理観のなさ。インタビューの中で見えてくるI社の体質は、程度の差こそあれ自己啓発セミナー全般にも共通している。
 セミナーをいい気分で離れられた人に対しては、何も言うつもりはない。これからセミナーを受けるかもしれない人、これからエンロールを行なうかもしれない人に、特に読んでもらいたいと思う。
 知人に勧められたからといって無警戒に契約をすることが是なのか。自分にとってよかったからといって安易に知人に勧めることが妥当なのか。I社や自己啓発セミナー全般が、それだけの信頼をおける相手なのか。
 「責任ある選択」とは、常識的な判断を“言い訳”として封印し自己啓発セミナーにコミットすることではない。結果やリスクを、自分が納得いく形で予測した上で、選択することだろうと思う。

次へ