自己啓発セミナー対策ガイド
 ▲トップ - 更新履歴 - 引用・リンク時の注意 - 掲示板利用上の注意 - 運営者宛メール
はじめに 自己啓発セミナーとは 体験記・インタビュー 現場一遍 イベント・カレンダー
業界ニュース セミナー団体カルテ リンク集 掲示板 資料集 エッセイ・評論

■URLが変わりました。トップページの新URLは http://www.geocities.jp/seminar_spirit/ です■

Google WWW を検索 www.geocities.co.jp を検索
▼自己啓発セミナーとは
●
自己啓発セミナーの定義
自己啓発セミナーの起源
コース構成(ライフ型)
代表的な実習(ライフ型)
実習一覧表(ライフ型)
近年のセミナー事情

コース構成(ライフ型) 2004/04/01

 ライフ型セミナーは、全3段階のコースから構成されており、受講生は第1段階から順番に受講していきます。コースの名称や料金などはセミナー会社によって違い、セミナーの日数もまちまちです。かつては、第1・2段階それぞれ4〜5日間という例もありましたが、現在ではそれぞれ3日間が主流です。
 各段階の合間に行われる“インタビュー”は、セミナーでの成果などを尋ねるという名目の個別面談です。しかし実際には、アシスタントやセミナー会社の社員が、受講生を次のコースに勧誘するという内容です。
 第1段階から第3段階までは、あまり間隔をおかずに受講することが多いようです。自己啓発セミナーでの興奮状態があまり長続きしないせいか、セミナー会社サイドでも、「早く次のコースを受ける方が効果的」としているようです。
 受講生が相当に少ないセミナーでもなければ、第1・2段階は毎月定期的に開催するのが普通です。当然、第3段階も、ほぼ毎月か隔月などでスタートします。ですから、3つのコースをたて続けに受講すると、数ヶ月間程度でひととおりのコースを終えてしまいます。
 自己啓発セミナーでは基本的に、宗教のような「入会」「入信」という過程がありません。期間と料金が決まったセミナーを受講するというのが、大多数の受講者の立場です。ただし、卒業後に、第3段階コースの延長のような要領で、ボランティア・アシスタントとしてセミナーに関わり続ける人もいます。セミナーによっては、第3段階以降に卒業生向けのコースを設けている場合もあります。