自己啓発セミナー対策ガイド
 ▲トップ - 更新履歴 - 引用・リンク時の注意 - 掲示板利用上の注意 - 運営者宛メール
はじめに 自己啓発セミナーとは 体験記・インタビュー 現場一遍 イベント・カレンダー
業界ニュース セミナー団体カルテ リンク集 掲示板 資料集 エッセイ・評論

■URLが変わりました。トップページの新URLは http://www.geocities.jp/seminar_spirit/ です■

Google WWW を検索 www.geocities.co.jp を検索
▼自己啓発セミナーとは
●
自己啓発セミナーの定義
自己啓発セミナーの起源
コース構成(ライフ型)
代表的な実習(ライフ型)
実習一覧表(ライフ型)
近年のセミナー事情

実習一覧表(ライフ型) 2004/04/01

 JICC出版『洗脳体験』の二澤雅喜氏の体験記(初出:同社ブックレット『人格改造!』、1990年)より作成。
 このスケジュールはおそらく、80年代のARCインターナショナル社のもので、他社のセミナーも大まかには同様です。ARC社も、1998年時点で「マイナー・チェンジはしているが、大筋で変化はない」と話していました。ただしセミナー業界では全体的に、日数が短縮される傾向にあるようで、現在では1コース3日程度になっていることが多いようです。

  名称など 主なテーマや内容など
第1段階
(通い)
1日目 グランド・ルール提示 セミナー中の約束事・注意事項を承認させる。
講義 経験で築き上げた行動パターンや固定観念について。
休憩 休憩後、その後の実習の際に組むグループ・ペア、グループリーダーを決める。
昼休み  
ダイアード 他者から見た自分を認識。
休憩  
ディベート 「人生は選択か否か」について。
ダイアード 「すべきことをしなかった場合どうなるか」→「なぜすべきことなのか」
2日目 ダイアード 「日常で他人から受けた『被害』」「自分の側にある責任」について。
昼休み 宿題:他人や自分のセミナーへの積極性度を「%」で言い合う。
ダイアード 相手の「嫌いな点」「好きな点」
意図と方法の実習  部屋の端から端へ、毎回違う方法で何度も移動する。一つの意図に対して多くの方法があることを体験する。
赤黒ゲーム 「競争結果」より「達成結果」の大切さを感じる。
瞑想 親や幼少期の自分をイメージする。
宿題 帰宅後、最低1時間、今日の体験について考える。
3日目 講義 純粋な心(ダイヤモンド)と観念(殻)について。
瞑想とエンプティ・チェア 両親へのわだかまりを、意識化し解消する。
ダイアード 過去の秘密などについて。
昼休み  
講義 目的に達するまでの過程の、理想的パターンを提示。
選択の実習 他者との積極的交流への喜び、他者の存在感を感じる。照
休憩  
アトラクション とにかく騒ぐ。やや心理劇的。
最終日 ダイアード 「欲しい物」について。
コミットメント
(誓約)
目標・決意を述べる役、否定する役(悪魔)、擁護する役(天使)の3人組みで言い合う。目標への強固な意志の確立。
ダイアード 1年後・3年後の自分について、断定的に言い合う。
昼休み  
ガイダンスなど インタビューのスケジュール調整、第2段階についての説明。
グラデュエーション 卒業式。受講生を紹介した者が、花束を持って会場に赴く。
有志での打ち上げなど  
修了後
(別日)
インタビュー
(1,2時間)
セミナーでの成果に対する個別面談。第2段階への勧誘。
ポスト・セミナー
(1日間)
同期の第1段階修了生が集合、成果を語り合う。第2段階への勧誘もある。
第2段階
(宿泊)
1日目 アンケートとカウンセリング  
移動 合宿先まで、バスで移動。宿題:セミナー中の目標などについてノートに書く。
昼休み  
目標決め セミナーでの集団としての目標について、話し合い、決定。
講義 「最大最高の自分」を考える際、内面と外面は関連性があるという内容。
グランド・ルール提示 セミナー中の約束事・注意事項を承認させる。
パートナー決め  
夕食 宿題:「パートナーから気づいたこと、今日一日の自分」について書く。
2日目 フィードバック  
昼休み 宿題:「孤独を感じた過去の体験」「心にグサッときたフィード・バック内容」。
瞑想 瞑想状態で、過去の体験・秘密をひたすら言い合う。
夕食 宿題:「過去の体験から学んだこと」「生きるとはどういう事か」など。
ライフ・ボート 「生きる」意志と「生かされる」意識の強化。
宿題 「ライフ・ボート中の自己分析」「自分に投票しなかった人の話を聞く」など。
3日目 朝食  
描画 「初日の自分の姿」と「これからあるべき自分の姿」を絵で書く。
ギヴァー/テイカー 他者との関係の中で「与える者」か「奪う者」かを、印象的に言い合う。
昼休み  
エンプティ・チェア  ダイアードの組で、2人の間に空の椅子を双方に向け2つ置く。テーマは「親についての体験」「親への訴えかけ」。
夕食  
契約の決定  自分自身との「契約」をインスピレーションでひたすら言う。今後の自分を真実味をもって表現しているかを問われる。
宿題 「自分にとっての契約の意味・可能性」
4日目 朝食  
変身劇の準備 グループ内で、各人の共通点について討論。トレーナーが配役決定。
昼休み メイク・アップ、衣装、小道具準備など。
変身劇 生まれ変わりの体験。
夕食  
最終日 朝食  
肯定的フィードバック  
移動 セミナー主催者の本部へバスで移動。
実地テスト  解散し街に出て、道行く人と「人生について」話す。勧誘はせず、組織名も出さない。再集合後、報告会。
ガイダンス 第3段階についての説明。
肯定的フィードバック  
グラデュエーション 卒業式。受講生を紹介した者が、花束を持って赴く。
修了後
(別日)
オリエンテーション
(1日間)
同期の第2段階修了生、第3段階中の受講生が集合。第3段階への勧誘。
第3段階   エンロール 勧誘活動。期間中、計6日ほど集合、報告会。適宜実習も行なう。